栗原美術

~継続と和~

~継続と和~

当社は1987年の創業以来、一貫してサイン業に関わる製品の「ものづくり」を大切にして今日まで歩んでまいりました。 現在インクジェットプリンターが主流ですが、創業時は捺染という染料を湖に混ぜ直接生地に刷毛で染色する技法で懸垂幕や横断幕など で染色する技法で懸垂幕や横断幕などを製作しておりました。そんな中、日々私が大切にしてきた想いは『継続』と『和』です。

ただ続けるだけではなく、劇的に変化する時代の流れを見極め、豊富な知識と最新の技法を取り入れ、より一層のサービス向上を追求し、 高品質な製品をお客様にご提供することにより確かな信頼関係を築き上げ、協力し合い和を広げることを目標としています。

昨今のサイン業界を取り巻く環境は目まぐるしく変化しておりますが、私たちはお客様に満足していただける企業を目指してまいりますので、 今後 とも一層のご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


代表取締役 栗原良介

栗原美術

名   称  有限会社 栗原美術

                    

所 在 地  埼玉県川口市朝日5-3-10

                    

T E L  048-224-1435

                    

F A X  048-224-1436

                    

メ ー ル  kurivioffice@gmail.com

                    

U R L  http://www.pcdata.co.jp/kurivi/

                    

代表取締役  栗原良介

                    

創   業  昭和62年8月

                    

資 本 金  300万円

                    

従 業 員  22名(平成28年10月現在)

昭和62年(1987年) 川口市江戸にて、懸垂幕・横断幕の染工場として独立。

平成 4年(1992年) カッティングシステムを導入、レタリングからフォントへの移行が始まる。

平成 7年(1995年) Windows95が年末に発売され、翌年ホームページを開設。

平成 8年(1996年) MACがデザインの主流を成し、データ上での原稿制作本格化。

平成 9年(1997年) 法人設立。有限会社栗原美術となる。

平成13年(2001年) 大型溶剤インクジェットプリンタVUTEK導入。

平成14年(2002年) 溶剤インクジェットプリンタMIMAKI-JV3導入。

平成15年(2003年) 16000巾ラミネーター導入

平成16年(2004年) 川口市朝日へ、社屋を移設。

平成17年(2005年) 溶剤インクジェットプリンタSII 100Sを導入。

平成18年(2006年) 溶剤インクジェットプリンタMIMAKI JV-3 2台導入。

平成18年(2006年) ハイブリッド高周波ウェルダーYTO-8U導入。

平成19年(2007年) 有限会社栗原美術創立20周年記念祭。

平成19年(2007年) 大型溶剤インクジェットプリンタRoland AJ-1000導入。

平成19年(2007年) 溶剤インクジェットプリンタMIMAKI JV-33導入。

平成19年(2007年) ダイレクト昇華プリンタDSS-1800II FP導入。

平成20年(2008年) 溶剤インクジェットプリンタMIMAKI JV-33 2台目導入。

平成21年(2009年) ダイレクト昇華プリンタTexStylus 1000導入。

平成21年(2009年) 自動ハトメ打ち機2台導入。

平成21年(2009年) 大型溶剤インクジェットプリンタSII H-104S導入。

平成22年(2010年) 大型溶剤インクジェットプリンタHP XL-1500 5メートル機 導入。

平成24年(2012年) Latexプリンタ HP Scitex LX850 3.2メートル機 導入。

平成26年(2014年) UVインクジェットプリンタ Lukio LDP3200 導入。

平成27年(2015年) カッティングプロッターMIMAKI CG-130FXⅡ 導入。

平成27年(2015年) 溶剤インクジェットプリンタMIMAKI JV-300 2台導入。

平成28年(2016年) ラッテックスインクジェットプリンタHP Latex3100 導入。

平成28年(2016年) ラッテックスインクジェットプリンタHP Latex360 導入。

平成28年(2016年) ダイレクト昇華プリンタDSS-1900V 導入。

平成28年(2016年) 高速フィニッシングカッターマシン FOTOBA XL320 導入。

平成28年(2016年) CWTフラットヘッド・アプリケーター導入。